リーバイホーム

キズついた建物を放っておけない会社

 リーバイホームは、昭和40年に竹内彬(初代代表親方)が体一つで始めた竹内エンジニアリングを前身とした足立区の塗装防水工事専門店。これまでに携わった住宅700棟、ビル・マンション200棟。
 小さな塗装防水工事店ですが、これまで清水建設様のお仕事等にも携わっている、仕事には自信と誇りを持っている塗装防水工事専門店です。

 「リーバイホーム」という名は、「塗装・防水技術を通して、地元の方々の暮らしの安心を守りたい」という思いを込めてつけた名前です。
「リー」(補修する・元に戻す優れた技術)を(×バイ) ホーム(お客様のお家に提供する!)がその名の由来です。

リーバイホームの強み

1.『しっかりとした知識』に基づいた丁寧な仕事。だから、塗装は長持ちします。

 リーバイホームの一つ目の強みは、『しっかりとした知識」 に基づいた丁寧な仕事です。だから、長持ちさせる塗装工事ができるのです。具体的には、以下の工事に対応が可能です。

塗装工事・外壁塗装
 サイディング壁
 モルタル壁
 金属パネル
 各種鉄部塗装

・屋根塗装
 コロニアル屋根
 アスファルトシングル
 スレート瓦
 とたん屋根
 ガルバリウム鋼板屋根
 折半屋根
防水工事・シーリング工事
・ウレタン塗膜防水工事
・塩ビシート防水
・ゴムシート防水
・常温アスファルト防水
葺き替え・瓦葺き替え
・カバー工法
下地補修工事・鉄筋コンクリートの浮き・ひび割れ・爆裂補修
・タイルの浮き・ひび割れ・貼り替え
・ALC壁の・ひび割れ・欠け補修
・モルタル壁のひび割れ・欠け補修
その他補修工事・雨といの交換
・漆喰工事
・各種シーリング工事

 つまり、現存する住宅の補修であれば、どのようなお宅やアパートでも、塗装工事・補修工事の対応が可能であり、必ずプロとして長持ちさせる自信があると断言できるのです。

2.『諦めない探求心』だから、他社で止められない雨漏りも”必ず”止められます。

 リーバイホーム二つ目の強みは、『諦めない探求心』です。だから、他社で止めらない雨漏りも必ず止める自信があるのです。

どんな雨漏りも必ず原因があります。
 その原因を究明することが雨漏りを止める一番の近道です。しかし、原因箇所を発見するのがとても難しいケースもあることは事実です。そのような現場においては、私・竹内清一は、以下の3つの要素が必要であると考えています。

■正しい建築知識

 建築構造物のあり方を理解しているからこそ、その欠陥を発見することができます。その欠陥が、結果的に雨漏りの原因であることが多くあるからです。

■正しい補修工事の知識

 新しく建てる新築大工と、古くなった建物を補修するリフォーム大工とでは、根本的に持っている知識と技術が違います。
 当然ですが、雨漏りを止めるのは、古くなった建物を補修するリフォーム大工の知識が求められます。
 ただ、これだばかりは、様々な建物や建材・建て方があるため、教科書になりにくい分野であり、熟練の経験者のみが知っている知識も、今も数多くあります。
 私は、子供の頃から、実父が雨漏り現場に行き、補修工事をしている様子を2000件以上の現場を見てきた経験があるため、多くの大工・防水職人・塗装職人さんたちが対応できない雨漏り補修を対応できるという自負を持っています。

■探求心

 やはり、知識と技術があっても大事なのは『探求心』だと考えています。子供の頃から、何かに熱中してとことん追求・探求するのが好きだった私(竹内清一)それは今でも変わりません。今はもっぱら、
「止まらないんです」と聞くとスイッチが入ります。
「必ず止める」これが私どものポリシーだからです。
 そして、雨漏りの原因を突き止め、補修をした後、悩んでた雨漏りが止まった時のお客様の笑顔が大好きです。なので、もしもあなた様が、止められない雨漏りでお困りでしたら、ぜひ、足立区のリーバイホーム・私竹内清一までご連絡くださいね。

3.代々の塗装・防水一家。だから、品質の高い工事をお安く提供できるのです。

 リーバイホーム三つ目の強みは、代々の塗装・防水一家。だから品質の高い工事をお安く提供できるという自信があるのです。

父・竹内彬(防水職人)
弟・竹内大典(防水職人)

 このように、竹内一家は塗装防水家系です。なので、品質の高い工事をお安く提供できると言い切れるのです。

施工事例と口コミ評判

★★★★★ 足立区西新井 田上さん(50代) SK化研水性セラミシリコンで外壁・屋根塗装!

施工前
施工後
お客様の口コミ・評判
施工後の今の気持ちを教えてください!

 外壁の汚れがにどくなった時に親身になって相談に乗ってくれました。職人さんがテキパキと気持ちの良い仕事をしてくれました。建物のイメージが大きく変わり、ご近所さんからも「すごくきれいになったね。愛らしいね」と評判がよくなりました。ありがとうございました。

★★★★★ 足立区江北 武田さん(50代) サイディング壁をベージュツートンでお洒落に外壁塗装!

お客様の口コミ・評判
施工後の今の気持ちを教えてください!

 築13年目になり、建てた工務店やいろいろな営業が来るようになりました。その時にご近所さんで塗装をしていたリーバイホームさんに相談したところ、塗料、デザインの色など、うちに合わせた的確なアドバイスを頂き、この人なら間違いないと思い、お願いをしました。 急なデザイン・色の変更にも何度も応えていただき、満足の行く仕上がりになりました。竹内親方ありがとうございました。

★★★★★ 足立区保木間 斉藤さんビル 雨漏りがピタッと止まった!

お客様の口コミ・評判
施工後の今の気持ちを教えてください!

 雨漏りがひどくて業者探しをしていたところ、インターネットでリーバイホームに辿り着きました。現地調査で雨漏りの原因を突き止めていただき、補修工事をしてもらうことになりました。 2年半経過しましたが、あの時以来、雨漏りは止まりました

 それでは、最後に代表親方からのメッセージです。

代表親方からのメッセージ

代表親方 竹内 清一

 数ある業者の中から、リーバイホームのページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 職人になりたいと思う人が年々減少しているなか、私は、父の意思と事業を継ぎ、弟と分業して、それぞれの得意分野に基づく塗装・防水工事を通して、多くの建物を守る人生に誇りを持っています。

 リーバイホームだけではなく、弟の竹内エンジニアングも、これからも、東京には無くてはならない塗装・防水工事店として、今後も精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

リーバイホーム 代表親方 竹内 清一

代表経歴
 帝京大学卒業後、父の経営する塗装防水工事店に就職。以来、経験年数29年6ヵ月。住宅塗装・屋根工事を含め、施工実績3,000件以上、有名な施工実績では「日本橋ひび割れエポキシ注入補修工事」「有楽町電機ビル外壁シーリング打替え工事」等がある。またシミズ建設・北関東営業所の表彰制度では「優秀職長」を受賞したこともある程のカリスマ職人。所有している資格は、2級建築施工管理技士仕上げ・1級シーリング防水技能士・1級ウレタンゴム系塗膜防水技能士・雨漏り診断士。所属団体日本建築塗装職人の会。仕事はくそがつくほどのまじめさ。家族にもまじめな愛妻家♪

会社情報

会社名株式会社リーバイホーム
代表者竹内 清一
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-24-3
ホームページrebyhome.com
電話番号03-6806-2954
事業エリア東京都足立区
事業内容外壁塗装、屋根塗装、アパート塗装、マンション塗装、防水工事、シーリング工事、雨漏り修理、等

リーバイホームへのお見積依頼はこちらからお願いします。

    以下にご記入後、送信してください。
           

    施工内容 [必須]

    お名前 [必須]

    建物の所在地  [必須]

    メールアドレス [必須]

    電話番号 [必須]

    状況

    個人情報の取り扱いについて

    個人情報保護方針
    日本建築塗装職人の会では、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)におけるユーザーの個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)を定めます。

    個人情報の定義
    「個人情報」とは個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌、指紋、声紋にかかるデータ、及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

    個人情報の取得方法
    当サイトはユーザーが利用登録をする際に氏名、メールアドレス、クレジットカード番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を、本サービスの提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

    個人情報を利用する目的
    当サイトが個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。

    ➀経営コンテンツ・経営コンサルティングコンテンツの提供のため
    ②ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
    ③ユーザーが利用中のサービスの新機能、更新情報、キャンペーン等及び青木経営が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
    ④メンテナンス、重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
    ⑤利用規約に違反したユーザーや不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし、ご利用をお断りするため
    ⑥ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更、削除、ご利用状況の閲覧を行っていただくため
    ⑦有料サービスにおいて、ユーザーに利用料金を請求するため
    ⑧上記の利用目的に付随する目的

    利用目的の変更
    ➀当サイトでは、利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
    ②利用目的の変更を行った場合には、変更後の目的について、所定の方法により、ユーザーに通知し、または本ウェブサイト上に公表するものとします。

    個人情報の管理
    当サイトでは、個人情報の紛失・破損・漏えい・改ざんを防止するために、適切なセキュリティを施した環境で個人情報を厳重に管理いたします。

    個人情報の第三者提供
    当サイトは、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

    ➀人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    ②公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    ③国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

    予め次の事項を告知あるいは公表し、かつ個人情報保護委員会に届出をしたとき
    (1)利用目的に第三者への提供を含むこと
    (2)第三者に提供されるデータの項目
    (3)第三者への提供の手段または方法
    (4)本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
    (5)本人の求めを受け付ける方法

    前項の定めにかかわらず、次に掲げる場合には、当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。

    ➀利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
    ②合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    ③個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

    個人情報の開示
    当サイトは、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。

    ➀本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    ②業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    ③その他法令に違反することとなる場合

    前項の定めにかかわらず、履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

    個人情報の訂正および削除
    ➀ユーザーは、の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、青木経営に対して個人情報の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます。)を請求することができます。
    ②当サイトはユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正等を行うものとします。
    ③前項の規定に基づき訂正等を行った場合、または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なくこれをユーザーに通知します。

    個人情報の利用停止等
    ➀当サイトは、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合には遅滞なく必要な調査を行います。
    ②前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく当該個人情報の利用停止等を行います。
    ③前項の規定に基づき利用停止等を行った場合、または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをユーザーに通知します。
    ④前2項にかかわらず、利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じるものとします。

    プライバシーポリシーの変更
    ➀本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
    ②当サイトが別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

    SSLセキュリティについて
    当サイトでは、SSL(Secure Sockets Layer)と呼ばれる特殊暗号通信技術を使用して、お名前、メールアドレスなどの利用者様の個人情報すべてを暗号化し、万全のセキュリティのもとで管理しています。

    Cookieについて
    当サイトではCookie(クッキー)を利用しておりません。Cookieによって利用者の個人情報を取得することはありません。

    当サイトに掲載されている広告について
    当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Google AdSense、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。

    Googleアドセンス
    当サイトでは「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。Googleを含む広告配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。この目的は、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示するためです。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

    Amazonアソシエイト
    当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

    当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
    当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちらをご覧ください。Google アナリティクス :サービス利用規約

    当サイトへのコメントについて
    当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

    ➀特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの
    ②極度にわいせつな内容を含むもの
    ③禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの
    ④その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの

    免責事項
    当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

    お問い合わせ窓口
    本ポリシーに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。

    住所:東京都千代田区大手町1-7-2-27F
    社名:株式会社 日本建築塗装職人の会

    個人情報保護方針
    制定日:2021年12月21日

    必須個人情報の取扱いに同意する